令和2年10月30日に確認された内科病棟でのクラスターは、最後の陽性者確認から1ケ月が経過いたしました。行政の指示に基づき、本日令和2年12月5日をもって、完全な終息と判断いたしました。今回のクラスターにより多くの方々に多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを、改めてお詫び申し上げます。
私たち医療者は、自身が大きな危険に晒されている状況で、厳しい自己管理を行いながら、極めて強い精神的ストレスのもと日々市民のために医療を展開しています。「生命の尊厳を重んじ、病める人を癒す、愛ある医療を提供する」という聖マリアンナ医科大学の理念に基づき、これからも市民のためにしっかりと医療体制を守ってまいりますので、是非今後ともご理解、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

令和2年12月5日 病院長