眼科

診療内容

当院は地域支援病院であるため、地域の先生方からご紹介を積極的に受け、適切な診断・治療を行い、病状が安定した段階でかかりつけ医の先生に逆紹介しております。
外来に関しては、眼科領域すべての診察を行いますが、火曜日は手術日となるため上野名誉教授の予約外来(紹介可)のみとなります。月曜日から金曜日の午後は特殊検査や斜視弱視外来、硝子体注射やレーザー治療を予約で行っており、一般診療は行っておりません。また、ゴールドマン視野検査など検査のみのご紹介もお受けしておりますので、お気軽にご相談下さい。
 白内障手術に関しては、患者さんに満足いただけるよう、手術方法や術後屈折などについてしっかり説明し、術後快適に過ごして頂けるよう努めております。手術は、日帰りでも入院でも対応可能です。
 角膜疾患に関しては、自家調剤の点眼薬を使用した角膜感染症の治療から全層角膜移植・角膜パーツ移植・角膜内皮移植などすべての角膜疾患に対応致します。
 緑内障・網膜硝子体手術に関しては、上野名誉教授と前任の嘉山医師が定期的に手術を施行しており対応可能ですが、緊急を要する網膜剥離や高度な手術治療が必要な疾患の患者さんは、聖マリアンナ医科大学病院と連携を取り対応致します。
 その他一般の眼鏡及び、コンタクトレンズ処方箋の発行はおこなっておりません。

前眼部三次元画像解析

はじめに

本検査法は光の干渉作用を利用して従来の装置では観察が困難であった角膜、隅角、虹彩などの断層面の観察や前房隅角部の立体構造を非侵襲的に、かつ前眼部の光学的特性を不正乱視も含めて数値的に解析できる眼球検査法です。これまでの眼科的検査では得られない情報を得ることができるため、厚生労働省から高度先進医療として認められています。

対象患者

角膜ジストロフィー、角膜白斑、角膜変性、水疱性角膜症、角膜不正乱視、円錐角膜、角膜移植術前後に係るもの、水晶体疾患、緑内障 など

効果

この検査を導入することにより前眼部三次元画像解析が可能となり、病態のより深い理解、疾病の診断精度の向上を図ることが出来ます。干渉光やScheimpflug 像を用いて角膜等を断層的に観察するため角膜前後面や角膜厚の解析ができるだけでなく、角膜瘢痕や角膜浮腫などにより可視光での観察不可能であった症例に対しても非侵襲的に評価をすることが出来、角膜移植の時期及び術式選択、緑内障手術の時期および術式選択などの加療方針を適切でより安全性の高いものとして立てることが可能となりました。

診療実績

平成28年度 平成29年度
白内障 589 672
硝子体手術 19 18
緑内障 14 6
網膜光凝固術 71
角膜移植 6 13

※入院・外来を含めた実績 片眼につき1件

更新日:2018/10/01

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

 

PAGETOP