脳神経外科

対象疾患

脳血管障害(脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞)、未破裂脳動脈瘤、頸動脈狭窄、脳脊髄動静脈奇形、もやもや病)、脳腫瘍(良性脳腫瘍、悪性脳腫瘍、転移性脳腫瘍、下垂体腺腫)、脊椎脊髄疾患、頭部外傷、機能脳神経外科(三叉神経痛、顔面痙攣)、水頭症、中枢神経系感染症など

診療内容

【専門医資格について】
脳血管内治療指導医は、日本脳血管内治療学会の専門医制度に基づき、専門医を育てることのできる技術や経験のある医師として認定されます。血管内治療を受ける際には、経験の豊富な指導医のいる施設を選ぶことが大切です。
○悪性脳腫瘍では手術の後に抗がん剤治療や放射線療法が必要になります。川崎市立多摩病院では積極的に外来化学療法を進めています。脳腫瘍の治療を受ける上で、抗がん剤等の知識の豊富な医師のいる施設を選ぶことは重要です。
○脳出血、水頭症、下垂体腺腫など、脳神経外科領域でも内視鏡治療が広く行われるようになりました。川崎市立多摩病院では、オリンパス社製の硬性鏡、軟性鏡を含め、内視鏡手術に必要な様々な機器が整備されています。
○脳神経外科は救急疾患の割合が多い診療科です。救急疾患は様々な疾患を複数もって受診する事があり、救急医療を提供するためには脳卒中学会専門医や、救急専門医のいる施設での治療が望まれます。
感染症専門医は全国でも1000人程度しかいません。脳は全身をコントロールする人間で最も大切な臓器です。そのため、脳神経外科治療に際しては、全身の様々な異常が同時に発生します。脳神経外科でも感染症の治療に精通している事が治療上非常に大切であり、医療安全と言う視点から適切な治療を行う体制が不可欠です。
○高度な医療機器が必要な特殊な症例は、大学病院と連携して治療を行っています。大学病院での治療が適切かどうかの判断も当院にて行っていますので、まずは当院へのご紹介をお願いいたします。

平成24年~29年(6年間)診療実績(手術件数)

脳腫瘍摘出術 74
開頭血腫除去術 146
水頭症手術 112
慢性硬膜下血腫手術 260
脳動脈瘤ネッククリッピング >74
(未破裂) (33)
(破裂) (41)
その他
血管内手術 278
動脈瘤コイル塞栓術 92
(未破裂) (44)
(破裂) (48)
脳動静脈奇形塞栓術 15
頸動脈ステント留置術 110

平成29年診療実績(手術件数)

手術総数 167
t-PA療法 17
脳血管撮影 143

更新日:2018/10/01

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

 

リンク

多摩病院脳神経外科サイト

PAGETOP