腫瘍内科

診療内容

消化器がんを中心とした化学療法を、消化器・肝臓内科と消化器・一般外科のバックアップ・サポートのもと、外来で担当させていただいております。月曜日午前午後と金曜日午前に外来を行なっています。がん治療は手術や化学療法、放射線治療、緩和治療など集学的治療が必要です。多摩病院の診療科横断的な協力体制は素晴らしく、安心して診療に当たれます。化学療法に関しては標準的な治療はもちろん、それ以上の患者さんに最適な治療選択を行います。放射線治療が必要な時などにはがん診療連携拠点病院である聖マリアンナ医科大学病院を速やかに紹介させていただくこともできますし、また治験も数多く行われておりますので、新規薬剤のチャンスを提供することなどもでき治療選択幅が広がると考えています。そして、患者さん思いのやる気に満ちた看護師、薬剤師さんにも支えられていますので、充実したチーム医療が提供できると思います。腫瘍内科として多摩病院の一助になれるよう診療してまいります。

最近の話題

大腸癌の最適な治療戦略を開発すべく”RAS野生型切除不能進行・再発大腸癌に対するearly tumor shrinkage評価に基づくFOLFIRI+cetuximab導入化学療法→FOLFIRI+bevacizumab維持療法の第Ⅱ相試験”の臨床試験を多摩病院でも行なっています。

医療連携のご案内

いつもご紹介ありがとうございます。がん診療において早期緩和ケアの重要性が言われており、看護相談と連携し、個々の患者さんの病態に合わせた、医療の受け方を常に意識しております。在宅緩療養のため往診していただく患者さんなど、先生方のお力添えが必要な場面が多々あると思います。何卒よろしくお願い致します。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP