腫瘍内科

診療内容

胃がん・大腸がん・膵がん・胆道がんなどの消化器がんに対する外来化学療法を担当します。消化器・一般外科から紹介いただく術前のダウンステージングや、術後の再発予防目的に行われる周術期の化学療法や、消化器・肝臓内科で診断された切除不能・治癒困難例に対する緩和的化学療法など、抗がん剤の副作用に細心の注意を払いつつ、様々な場面での化学療法を多診療科の先生方の協力のもと行っています。がん診療は全経過を通して、手術・放射線治療・化学療法・緩和医療と様々な治療があり、最近は免疫治療もその柱の一つとなっています。充実したがん治療を提供するために看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーとしっかりタッグを組みチーム医療を行います。がん診療連携拠点病院である聖マリアンナ医科大学病院と連携した最新の医療を提供します。また地域で往診していただく先生方、訪問看護師、ケアマネージャーとしっかり連携し切れ目のない診療を目指します。それぞれの患者さんに最良・最適ながん診療が行えるよう心がけております。また今年度より消化器系の悪性腫瘍を対象としたセカンドオピニオン外来を開設致しました。

最近の話題

大腸癌の最適な治療戦略を開発すべく”RAS野生型切除不能進行・再発大腸癌に対するearly tumor shrinkage評価に基づくFOLFIRI+cetuximab導入化学療法→FOLFIRI+bevacizumab維持療法の第Ⅱ相試験”の臨床試験を多摩病院でも行なっています。

医療連携のご案内

消化器・一般外科、消化器・肝臓内科にご紹介いただきました消化器がん患者さんで化学療法が必要な場合、責任を持って担当させていただきます。また化学療法が終了し、緩和治療・在宅療養する患者さんにおいては訪問診療・訪問看護をお願いさせていただくことも多いと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

 

PAGETOP