リハビリテーション科

部門紹介

リハビリテーション科には理学療法部門、作業療法部門、言語聴覚療法部門があります。

1.理学療法(Physical Therapy:PT)

(1) 理学療法とは
理学療法では、主として座位、立位、歩行などの起居動作能力の回復を図るために、治療体操、起居動作・歩行の練習、物理療法などを行います。
(2)対象者は
整形外科疾患、脳血管疾患、神経筋疾患、心疾患、呼吸器疾患のほか、安静臥床による廃用性症候群の疾患など、多様な患者さんを対象としています。

2.作業療法(Occupational Therapy: OT)

(1)作業療法とは
作業療法では、主として更衣、トイレ、入浴などの身辺動作や家事動作といった応用動作能力の回復を図るために、運動や動作訓練,福祉用具の導入などを行ないます。
(2)対象者は
整形外科疾患(骨折、腱損傷など)、脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、神経筋疾患(パーキンソン病など)などの多様な患者さんを対象としています。

3.言語聴覚療法(Speech-Language-Hearing Therapy:ST)

(1)言語聴覚療法とは
当院では、言葉が思い出せず出てこない(失語症)、発音がしにくく相手も聞き取りにくい(構音障害)などの方に対し言葉の練習を行います。 また、食べ物が飲み込みにくい・むせる方に飲み込みの練習も行います。
(2)対象者は
脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、頭部外傷、神経筋疾患(脊髄小脳変性症など)などの患者さんを対象としています。

スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP