産婦人科

診療内容

本年4月から、より多くの方々に立会い出産をして頂けるように夫の立会い出産のLDR使用条件の緩和を始めました。5月からは退院後の育児不安な方のための産後ケア入院やこれから出産施設を検討している方のための産科病棟見学も始める予定です。また妊婦健診中から助産師を身近に感じてもらうために助産師外来を併設しております。現在常勤医減少にてやむなく分娩制限をしております。婦人科では基本的には良性疾患と早期の悪性腫瘍を取り扱っております。進行した悪性腫瘍は聖マリアンナ医科大学へ紹介となります。卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡下手術、その他開腹手術、腟式手術、子宮鏡下手術を施行しています。更年期:漢方薬やホルモン補充療法が基本です。今後ともよろしくお願い致します。


パンフレット

妊婦健診時の詳しい内容については下記の各言語に対応したパンフレット(PDF版)を用意しました。当ページと併せてご参照ください。
~パンフレット内容~

1:妊娠確定から分娩入院までの健診の予定
2:健診の1日の流れ
3:分娩予約について
4:診察・検査について
5:健診時の注意事項
6:妊娠中の注意点
7:妊娠中の指導について  など
パンフレット(日本語)((PDF:723KB)
パンフレット(English)(PDF:965KB)
パンフレット(中文)(PDF:1069KB)
パンフレット(Vietnamese)(PDF:1397KB)

 

 

診療実績

2017年度 2018年度
分娩件数 534 460
帝王切開 95 81
子宮全摘術 32 33
腹腔鏡下手術 48 26

更新日:2019/08/01

他院で里帰り分娩をご希望される方へ

里帰り分娩とは当院で妊婦健診のみ行い、他院で分娩する場合のことをいいます。

◆里帰り分娩受入れ状況◆2019年7月17日現在 (2019年11月から2020年5月まで)
枠数:月に5件程度

分娩予定月

2019年
11月

12月

2020年
1月

2月

3月

4月

5月

× × × × × × ×

×:お受けできない月
○:受け入れ可能な月

◆他院健診中で当院分娩希望受入れ◆

※ 他院で妊婦健診を受けている患者さんで、当院で分娩をご希望の方は、直接病院までお問い合わせください。

お問い合わせ先:044-933-8111(産婦人科外来)

第2・4・5土曜日の妊婦健診について

平成29年度4月から第2・4・5土曜日の妊婦健診を開始いたしました。妊婦健診の受診可能条件は以下の6項目すべてを満たす方となっております。
ご不明な点は外来スタッフもしくは担当医までお尋ねください。

<妊婦健診可能条件>
1) 分娩予定日決定以降の妊婦であること
2) 当院で妊婦健診と分娩をすること
3) 産科的にリスクの無い妊婦であること
4) 2-4週間隔の健診が可能な妊娠34週までであること
5) 妊娠34週以降の健診が平日受診可能であること
6) 健診可能人数が8-10人のため予約できない場合を了承していること

診療スタッフ

 

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

 

助産師が行う指導について

1.母親学級(事前申し込み制 全3回 冊子代金込み6,000円事前支払い)

母親学級は初めての出産の方を対象に、担当の助産師が全3回継続して担当しています。
1つのクラスの定員が17名と決まっているため、とてもアットホームな雰囲気で行っており、友達作りの場ともなっています。

第1回目 自己紹介 妊娠中の過ごし方、体調管理について、妊娠中の栄養
第2回目 乳房の手入れ、育児用品、妊娠中の異常、入院中に必要なもの
第3回目 分娩経過と過ごし方、入院の時期と入院中の生活、病棟見学

2.プレママオリエンテーション(完全予約制 一人30分 3,400円)

プレママオリエンテーションとは、当院で出産する方全員(母親学級参加者除く)に受講していただく乳房チェックと病棟説明です。
妊娠20週以降を目安に外来指導室で、病棟の助産師と個別で実施します。
上のお子様の時の分娩経過を一緒に確認して、安全にお産にのぞめるようにするため、当院で出産歴がある方にも受講していただいています。

  1. 入院期間や入院中の必要物品の説明
  2. 出産時にお渡しするお産セットの説明
  3. 面会時の注意事項について
  4. 妊娠中からの乳頭の手入れ方法
  5. 写真での病棟案内

3.個別指導(完全予約制 3,400円)

妊娠中の体重管理ができるように助産師と一緒に食事内容や生活習慣を見直したり、分娩経過について勉強したいなど、個別の希望に合わせて実施します。

外来指導室はE通路の自動ドアを開けてすぐ右の1番目のお部屋(E01)です。

4.産後の乳房外来(完全予約制 3,400円)

出産後の授乳状況や育児についての相談、新生児の体重確認など行っています。
病棟の指導室で実施しています。

こんな実施をしています!

1.助産外来(完全予約制 一人30分)

妊娠32週の中期と妊娠37週以降に病棟助産師による妊婦健診と保健指導を実施しています。
入院するタイミングについて、乳頭の手入れ、入院中の生活についてなど普段医師には聞きにくいことも気軽に相談できます。また完全予約制なので待ち時間がほとんどありません。

2.赤ちゃん同窓会(母親学級に参加していた人のみ)

出産後3~4か月後にもう一度病院に集まって、赤ちゃん同窓会を開催しています。
母親学級で知り合ったお母さんたちがそれぞれお互いの悩みを話したり、赤ちゃん達の成長を感じたりと楽しく過ごす時間となっています。

3.早期母子接触

出産後、お母さんの胸の上に赤ちゃんを乗せます。
直接、肌と肌のぬくもりを感じられる大切な時間になっています。
生まれたばかりの赤ちゃんは呼吸状態が安定しないこともあるため、モニターを装着しながら早期接触を実施します。

病棟案内

ワークステーション

産婦人科病棟は3階の西側にあるため、3西病棟(ひまわり)と言われています。
このワークステーションは、スタッフが記録したりカンファレンスを行う場所です。
面会に来られた方はこちらのワークステーションで面会受付をお願いします。

大部屋

こちらは大部屋です。大部屋は4人部屋となっています。
出産後は母児同室となっています。

個室

個室は全部で4つあります。
各部屋にトイレとシャワーが付いています。
お部屋の窓からは電車がよく見えます。
(特別療養環境室 17,000円/日 税別)

LDR

こちらは出産前・後を通して過ごせる個室です。
このLDRは夫立会い分娩ができます。
病院の中で一番広い個室です。
(特別療養環境室 25,000円/日 税別)

陣痛待機室

お産で入院してから分娩室に入るまで過ごすお部屋です。
待機室で付き添いができるのは夫のみです。

分娩室

自然分娩は産婦さんが主体となって赤ちゃんと共に頑張れるように助産師がお手伝いします。

新生児室

母児同室のため、新生児室に赤ちゃんが集まるのは朝の検温の時です。
治療が必要な場合、赤ちゃんは保育器に入るためこの新生児室にいます。

沐浴指導室

こちらは沐浴指導室です。
入院中の色々な指導をここで行います。

デイコーナー

3人以上の大人数で面会に来られた場合、こちらのデイコーナーで面会をお願いします。
また、赤ちゃんにとってのご兄弟が面会する場合もこちらでお願いします。

産後の面会についてのご案内

川崎市立多摩病院産婦人科では母乳栄養を推進しているため、赤ちゃんが泣いたタイミングでいつでも授乳ができるように産後のお母さんと赤ちゃんが同じ部屋で過ごしています。
24時間の中で決まった授乳時間はなく真夜中も2~3時間ごとに授乳しているため、昼間に仮眠をとるお母さんが沢山いますお母さんたちに休養をとってもらうため、面会できる方が以下のように決まっていますので、ご了承ください。

夫、実父母、義父母、兄弟、自分の子ども

※産婦人科病棟では妊婦や新生児のいる病棟です。風邪をひいている方や体調の悪い方、12歳以下のお子様、身近でインフルエンザにかかった人がいる場合は、面会をお断りさせていただきます。
面会についての詳細はプレママオリエンテーションでご案内させていただきます。

<面会手続き方法>

  • 病院1階の時間外入口から入り、守衛のいる場所で面会手続きをすると 「面会バッチ」がもらえます。
  • そのまま3階西病棟まで上がり、病棟入口のドアをあけて病棟ワークステーションのカウンターで健康チェックの問診票に記入後、「3西ひまわりバッジ」をつけてご面会してください。
  • 妊婦さんと赤ちゃんがいる病棟なので、面会前は手指消毒にご協力ください。

Q&A よくある質問

Q1.入院期間は何日ですか?

分娩した日にちを0日と数えて、通常経腟分娩は産後5日目に退院です。つまり6日間の入院期間です。
予定帝王切開の場合は手術の前日から入院し、手術日を0日と数えて産後7日目に退院です。つまり9日間入院です。

Q2.分娩入院費用はいくらですか?

川崎市にお住まいの方  :約40~50万円
川崎市以外にお住まいの方:約45~55万円
※上記金額はあくまで目安です。治療内容や入院期間日数によって異なります。

Q3.24時間母児同室ですか?

お母さんの体調をみて可能であれば出産2時間後から母児同室開始となります。
基本的には24時間同室ですが、お母さんに休息が必要な場合、ワークステーションで赤ちゃんを一時お預かりしています。

Q4.分娩進行中に面会できますか?

分娩進行中は分娩待機室に入院となります。そのため、面会や付添いができるのは夫のみです。

Q5.出産後に友達や親戚は面会できますか?

出産後に面会できるのは夫・実父母・義父母・兄弟と限らせて頂いています。
詳細については産後の面会についてのご案内をご参照ください。

Q6.入院中にパジャマ、タオルをレンタルできますか?

パジャマ・フェイスタオル・バスタオルのレンタルがあります。

Q7.大部屋を希望していても途中から個室に変更できますか?

個室は4つしかないため、その時の状況により対応します。

Q8.入院中にミルクは使いますか?

母乳の分泌には個人差があります。赤ちゃんの体重や全身状態、母乳の分泌状況をみてミルクを追加します。

——————————-

ハイリスク分娩とは

1.常位胎盤早期剥離の既往のある方
2.妊娠高血圧症候群で降圧療法既往のある方
3.膠原病疾患(SLEなど治療中)のある方
4.切迫流早産で妊娠20週前半から長期管理入院の既往のある方
5.糖尿病や妊娠糖尿病でインスリン治療導入された方
6.内分泌疾患(甲状腺機能異常の治療中で症状が不安定)の方
7.高血圧症で降圧療法を要する方
8.悪性腫瘍合併妊娠
9.子宮腺筋症核手術後の妊娠の方
10.多胎妊娠の方
11.BMIが35以上の高度肥満の方
12.特発性血小板減少性紫斑病、白血病など血液疾患合併の方
13.精神疾患のある方、またその既往のある方
うつ病、躁うつ病、統合失調症、パニック障害、社会不安障害、
全般性不安障害などで薬物療法中、通院中、症状が不安定などの方
※ただし、現在服用がなく年に数回の通院のみであり、当院精神科を受診して
頂き、診察の結果で妊娠継続に内服不要と判断された場合は除く
※当院はNICUが無い為、分娩可能週数は36週以降となります。
上記の疾患合併はハイリスク妊婦となりますので安全な分娩のため御協力お願いいたします。
※初診時やその後の妊娠経過によっては高度周産期施設に転院する場合もあります。

2017年3月
川崎市立多摩病院
病院長 鈴木 通博
産婦人科 大熊 克彰

PAGETOP