腎センター

腎センターについて

種々の疾患に対する血液浄化療法に対応します。慢性腎不全では、腎臓・高血圧内科と協力し、維持透析療法として血液透析(HD)あるいは連続携帯式腹膜透析療法(CAPD)への導入を行います。導入後は外来での通院HDにも対応し、またCAPDの外来管理も行います。看護師、管理栄養士およびソーシャルワーカーとも密接に関わりながら社会復帰への支援を行っていきます。

また急性腎不全、種々のショック、劇症肝炎、薬物中毒、敗血漿などの状態では他科からの依頼に迅速に対応し、適応の有無を考慮したうえで、血漿交換、吸着療法などの特殊血液浄化療法を行ないます。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP