救急災害医療センター

診療内容

 救急災害医療センターは、地域の救急受診患者さんの窓口として24時間365日の対応を行っています。当センターはいわゆる二次救急医療機関として、救急医、内科医が中心となり、循環器内科、脳神経外科、小児科の専門科救急対応、各診療科協力のもと診療に当たります。このため、あらかじめ診療科の特定が困難な症状の患者さんでも、まずは拝見し、必要な検査、処置を実施しております。特に地域の先生方にとって、通常の外来診療を長時間中断することがないよう迅速な受け入れを心がけており、また緊急手術や緊急内視鏡などの特定の治療が必要な患者さんに関しましても、可能な限り対応いたしておりますので、お気軽にご相談ください。ご紹介いただきました患者さんにつきましては、ご病状のご報告、また軽快後には速やかに逆紹介いたします。
地域を支える医療機関の一員としてご一緒できれば幸いと考えています。

診療実績

  27年度 28年度 29年度
救急患者取扱数 12,458 12,591 12,175
救急からの入院患者数 3,192 3,303 3,684
救急搬送台数 4,148 4,330 4,468
紹介患者数 2,142 2,359 2,348

最近の話題

 救急災害医療センターは救急医のみでなく、内科系、外科系その他全ての診療科が病院を挙げての対応を行う体制を取っております。昨年度から内科系を中心とした総合診療センターとして、最初から臓器別に細分化することなく、これまで以上に広い見地から総合的、全人的に患者さんの診療にあたる診療体制をとっています。当院で対応困難な専門的診療を要する際には大学病院とも密な連携を取り、患者さんの搬送を行っています。これまで同様、脳卒中や心筋梗塞といった専門的治療を要する疾患についても医師、看護師ともにより充実した体制で臨みます。研修医や学生も増えており、教育病院としてもより質の高い医療の提供を通して地域の病院としての役割を日々実践していく所存です
 今後とも宜しくお願い申し上げます。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP