内視鏡センター

内視鏡センターについて

川崎市立多摩病院内視鏡センターは検査室4室を有し、消化器肝臓内科,消化器外科、呼吸器外科、呼吸器内科の医師が分担して業務に当たり、消化器疾患および胸部疾患の診断と治療に対して、専門的な診療を行っています。上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、超音波内視鏡検査、気管支鏡検査、内視鏡的逆行性膵胆管造影検査などを行っています。当センターでは正確かつ苦痛の少ない検査を第一の方針として掲げています。そのため内視鏡検査時に同意が得られた場合は、少量の鎮静剤を使用しています。これにより検査時の苦痛は軽減され、ひいては正確な検査を行うことができます。検査終了時は検査センター内に設置されている回復室でお休みいただけます。

近年、早期癌(食道癌、胃癌、十二指腸癌、大腸癌)や前癌病変(食道異形上皮、胃腺腫、大腸腺腫など)の発見が増加してきています。正確な診断に加え積極的に治療内視鏡(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術、内視鏡的大腸ポリープ切除術など)に取り組むことで、より低浸襲の治療を提供していきたいと考えています。さらに、食道静脈瘤治療や内視鏡的胃ろう造設術も数多く行っています。

検査室には最新のハイビジョン内視鏡を含む高解像度内視鏡、超音波内視鏡、拡大内視鏡を完備しました。また内視鏡画像ファイリングシステムを導入し、コンピューターによる画像データ処理を充実させて、患者さんに対して迅速にかつわかり易く検査結果を説明することができるようになりました。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP