クリニカルエンジニア部

クリニカルエンジニア部について

クリニカルエンジニア部(以下 CE部)は、複雑高度化した医療現場で医師の指示の下、生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業務としています。また、 医療機器の包括的な管理もしています。そして、緊急対応として365日24時間オンコール体制をとっています。
 

特徴

CE部の業務は、臨床技術提供とME機器管理があります。CE部が臨床技術提供 している部署は、腎センター、心臓カテーテル検査室、救急災害医療センター、手術室です。

腎センターでは、透析通信システムを導入しています。透析装置との連携により帳票、透析実績、透析機器自己診断リストなどが簡単に作成されるので透析業務の効率が向上しています。透析装置は、自動プライミング機能により安全で確実な透析回路のプライミングが可能となっています。

画像診断の心臓カテーテル検査室では、循環器カテーテルモニタリングシステムを導入し、心血管造影、血行動態検査および治療、電気生理学的検査、さらに冠動脈インターベンション、カテーテルアブレーション、ペースメーカ植え込みおよび電池交換などに立ち会い業務しています。

救急災害医療センターでは、持続血液浄化療法やPCPS装置の操作および管理、IABP装置の操作および管理など業務対応しています。ドクターカーによる他施設への搬送にも対応しています。

ME機器管理では、ME機器を効率良く運営するために機器の貸出業務をしています。主な機器は、輸液ポンプ、シリンジポンプ、パルスオキシメータ、人工呼吸器、患者監視装置、送信機、電気メス、超音波ネブライザなどです。ME機器は、始業・終業・定期点検などを行い、ME 機器1台ごとの履歴を残し機器それぞれの特徴を把握します。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP