臨床検査部

臨床検査部について

臨床検査部は、当院で行われる採血、生理機能、輸血検査を受け持ち、検体検査(LSIメディエンス)との協力のもとネットワーク組み、各科からの依頼に基づき、患者さんが最適な医療が受けられるよう結果を正確かつ迅速に電子カルテに総合医療情報システムから入力を行っています。また検査結果は院内の外来末端よりプリントアウトして患者さんへ結果説明に供しています。

採血室では、患者さんが安心してかつ的確に採血出来るように、自動受付機・自動採血管準備装置を導入し、患者さんもスムーズに採血ができます。検体検査室では、血液検査・生化学検査・免疫検査・感染症検査(細菌・ウイルス検査)など患者さんから採取された検体(血液・尿・体液など)を検査しています。検体は、採血室よりダムウエータにて検体検査室へ運搬し、迅速に検査を行い、至急の結果は1時間以内、他は例外を除き、当日に報告が可能です。輸血検査室では、輸血関連検査(血液型検査ABO式・Rh式など)や輸血用血液の管理(血液製剤払い出し、自己血輸血の貯血)を行っています。生理機能検査室では、通常の循環器の領域の諸検査に加えて末梢循環検査(ABI・CAVI・TBI・FMD・SPP)・呼吸機能検査・脳波検査・筋電図検査(小児を含む)など最新の機器を用いて実施しています。また耳鼻科領域の目まい検査・聴力検査も生理検査室で一括管理をおこなっています。検体検査室・輸血検査室・心電図検査は24時間対応で緊急時に速やかに検査を行います。また、正確な検査を行うために内部精度管理を行い、日本医師会、日本臨床衛生検査技師会などの精度管理に参加しています。患者さん中心の医療を目指し、患者さんの視点で心配りが出来る組織作りや精度の高い検査データを迅速に報告すること、さらに、川崎市の地域中核病院であり、大学関連施設の一部門として最新の検査技術の提供を推進して行きたいと考えています。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP