病院概要

所在地


〒214-8525
神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
TEL:044-933-8111(代表)

交通アクセス

電車
小田急線・JR南武線登戸駅徒歩3分

バス
【菅生車庫、神木本町から】
登05系統 登戸行き「登戸」下車 登06系統 カリタス学園行き「多摩病院前」下車

【カリタス学園方面から】
登06系統 菅生車庫行き、又は鷲ヶ峰営業所前行き「多摩病院前」下車 登21系統 新船島橋行き「多摩病院前」下車

【西菅団地、城下方面から】
登14系統 登戸駅行き、又は向ヶ丘遊園駅入口行き「登戸駅」下車

建設概要

規模 病院棟 SRC(免震構造)地下2階 地上6階 塔屋1階
駐車場棟 RC造 地下3階 地上1階
面積 敷地面積 14,260.73㎡
建築面積 6,826.20㎡
延べ面積 35,620.15㎡
病床数 376

設備の特徴(省エネルギー手法)

コージェネレーションシステム・・・都市ガス、ガスエンジン400KVA×2基
燃料電池・・・都市ガス、リン酸型200KW×1基 蓄電池設備
氷蓄熱空調システム・・・夜間の安価な電力利用
中水道設備・・・屋根降雨及び雑用水を処理し、トイレ洗浄水として利用
太陽光発電システム・・・20KWをマルチパネルに組み込む
大温度差空調システム・・・搬送動力の低減
ガスタービン発電装置・・・1,000kvA

災害時対策設備

免震構造・・・病院棟
耐震構造・・・駐車場棟
水の備蓄,汚水の貯留・・・約7日分の水量を貯留できる水槽を設置
医療ガスの備蓄・・・各ガスとも7日分の容量を確保
燃料の備蓄・・・地下オイルタンクに灯油を約7日分備蓄 重要機器の電源二重化
熱源機器、空調機器の分割・・・2台設置、相互バックアップ体制
浸水対策・・・非常用発電機、サブ変電所、医療ガス機器室などを上層階に設置
屋上へリポート

届出している施設基準の一覧

当院は、次に掲げる基準を満たしており、関東信越厚生局への届け出を行っています。

2018年10月1日 更新

●基本診療科●

地域歯科診療支援病院歯科初診料 歯科外来診療環境体制加算
急性期一般病院料1 臨床研修病院入院診療加算(1基幹型)
超急性期脳卒中加算 診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算2(30対1) 急性期看護補助体制加算1◎
夜間急性期看護補助体制加算100対1 夜間看護体制加算
看護職員夜間配置加算12対1 1のイ 療養環境加算
療養環境加算 重症者等療養環境特別加算
医療安全対策加算1 医療安全対策地域連携加算1
感染防止対策加算1 感染防止対策地域加算(注2)
抗菌薬適正使用支援加算(注3) 患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算 ハイリスク妊婦管理加算
ハイリスク分娩管理加算 総合評価加算
後発医薬品使用体制加算1 病棟薬剤業務実施加算1
データ提出加算2 退院支援加算1
地域連携診療計画加算 入院時支援加算
認知症ケア加算2 ハイケアユニット入院医療管理料1
小児入院医療管理料2 入院時食事療養(Ⅰ)

●特掲診療料●

歯科治療総合医療管理料 糖尿病合併症管理料
がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者指導管理料イ
がん患者指導管理料ロ がん患者指導管理料ハ
乳腺炎重症化予防ケア・指導料 院内トリアージ加算
夜間休日救急搬送医学管理料 ニコチン依存症管理料
療養・就労両立支援指導料の注2に規定する相談体制充実加算 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
肝炎インターフェロン治療計画料 薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1 HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
検体検査管理加算(Ⅱ) 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
脳波検査判断料1 神経学的検査
ロービジョン検査判断料 小児食物アレルギー負荷検査
CT透視下気管支鏡検査加算 画像診断管理加算2
CT撮影及びМRI撮影 冠動脈CT撮影加算
心臓МRI撮影加算 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1 無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) 脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料(Ⅰ) 歯科口腔リハビリテーション料2
人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1) 導入期加算2及び腎代替療法実績加算
透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
羊膜移植術 上顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る。)、下顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る。)
乳がんセンチネルリンパ節加算1 乳がんセンチネルリンパ節加算2
乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術) 食道縫合術(穿孔、損傷)(内視鏡によるもの)他
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
体外衝撃波胆石破砕術 腹腔鏡下肝切除術(部分切除)
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術 腹腔鏡下膵腫瘍摘出術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
輸血管理料Ⅱ 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算 広範囲顎骨支持型装置埋入手術
麻酔管理料Ⅰ 病理診断管理加算1
口腔病理診断管理加算 クラウン・ブリッジ維持管理料(補綴物維持管理料)
酸素購入単価

施設基準に適合し届出をしている手術件数

●区分1に分類される手術●

脳動脈瘤流入血管クリ開頭1箇:1件
脳動脈瘤頸部クリッピング1箇:8件
頭蓋内腫瘍摘出術(その他):10件
経鼻的下垂体腫瘍摘出術:1件
硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの):9件
内耳窓閉鎖術:3件
経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの):13件
経皮的カテ心筋焼灼術(その他のもの):3件
◇区分1の集計:48件◇

●区分2に分類される手術●

観血的関節授動術(指・手):1件
靱帯断裂形成手術(その他靱帯):1件
観血的関節授動術(肘):1件
水頭症手術(シャント手術):18件
脳血管内手術(1箇所):16件
脳血管内手術(脳血管内ステントを用いるもの):2件
経皮的脳血管形成術:4件
髄液シャント抜去術:1件
尿道形成手術(前部尿道):1件
前立腺悪性腫瘍手術:2件
膀胱悪性腫瘍手術(全摘・回腸又は結腸導管利用し尿路変更を行う):3件
角膜移植術:10件
肝切除術(部分切除):10件
膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う) :8件
胆管悪性腫瘍手術(その他のもの):2件
肝切除術(2区域切除):2件
膵体尾部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) :2件
膵頭部腫瘍切除術(血行再建を伴う場合):3件
膵体尾部腫瘍切除術(周辺臓器の合併切除を伴う腫瘍切除術):1件
肝門部胆管悪性腫瘍手術(血行再建なし) :1件
肝切除術(1区域切除(外側区域切除を除く)):1件
膵頭部腫瘍切除術(周辺臓器の合併を伴う):1件
膵頭部腫瘍切除術(十二指腸温存膵頭切除術):1件
◇区分2の集計:92件◇

●区分3に分類される手術●

顔面神経麻痺形成手術(静的):1件
腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア手術:2件
◇区分3の集計:3件◇

●区分4に分類される手術●

子宮附属器腫瘍摘出術(両側,腹腔鏡):39件
腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍):6件
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術:47件
腹腔鏡下結腸切除術(小範囲切除、結腸半側切除):4件
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 両:1件
腹腔鏡下胆嚢摘出術:95件
腹腔鏡下虫垂切除術(伴う):26件
腹腔鏡下虫垂切除術(伴わない):59件
腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) :12件
腹腔鏡下直腸切除・切断術(切断術) :4件
腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) :8件
腹腔鏡下尿膜管摘出術:1件
腹腔鏡下腸管癒着剥離術:6件
卵管全摘除術(両側,腹腔鏡):2件
腹腔鏡下直腸脱手術:1件
腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術:5件
子宮附属器癒着剥離術(両側,腹腔鏡):3件
腹腔鏡下試験切除術:1件
腹腔鏡下噴門側胃切除術(悪性腫瘍切除術):1件
腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 :1件
子宮外妊娠手術(腹腔鏡):2件
腹腔鏡下胃・十二指腸潰瘍穿孔:1件
腹腔鏡下胃切除術(単純):1件
腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍):1件
◇区分4の集計:327件◇

●その他の区分に分類される手術●

人工関節置換術(指・手):1件
腎(尿管)悪性腫瘍手術:10件
ペースメーカー移植術(経静脈電極):25件
ペースメーカー交換術:27件
経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) :149件
経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの):13件
経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの):35件
経皮的冠動脈形成術(その他のもの):42件
経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞に対するもの):2件
経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症に対するもの):2件
◇その他の区分の集計:306件◇

◆総計(区分1~4、その他の区分):776件◆

関東信越厚生局神奈川事務所へ届出済
※上記手術に関し、10年以上の経験を有する医師が常勤しております。
(平成29年1月~12月実績)

PAGETOP