病院情報の公表

平成28年度 川崎市立多摩病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,200 235 336 332 581 707 1411 1776 1696 425

2016年度に一般病棟を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しました。
DPC包括請求制度の対象外の患者(24時間以内に死亡した患者、新規保険適応の手術や薬剤・短期入院手術の一部などは集計対象外)は8699名のうち、
70歳以上の割合は44.8%となっています。
また、当院は、小児救急二次輪番制度で365日当番病院となっている事から、10歳未満の患者数割合は、13.8%と高くなっており、地域医療支援病院として、地域の医療機関より受入を行っております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 123 27.9 21.25 23.58% 85.70  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 45 16.16 12.43 0.00% 74.53  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 37 6.30 5.50 0.00% 52.57  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 27 30.44 19.24 18.52% 80.59  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 4.00 7.44 0.00% 76.44

内科では、総合診療内科の医師が主に診療を行っています。
誤嚥性肺炎、尿路感染症、感染が原因によるウイルス性腸炎、消化管の炎症など、様々な疾患を受け入れています。また、90%以上が緊急入院となっています。
誤嚥性肺炎では、当院で治療後、回復期病棟や、老人保健施設等へ転院されるケースも多くなっています。どの疾患も入院後は、輸液や抗生剤など、投薬治療がメインとなっています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 200 2.63 3.06 1.50% 69.23

050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 128 3.35 4.71 0.00% 69.27

050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 20.49 17.95 9.86% 80.55  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 2.26 3.22 0.00% 70.72  
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 38 3.79 5.51 0.00% 61.24

循環器内科では、狭心症、心不全、不整脈に対し、カテーテル検査・治療を多く実施しています。心臓カテーテル検査が最も多く、約2日の入院となっています。
検査で病巣を確認、後日治療を行います。
経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術では、細いカテーテルを鼠径部により挿入し病巣で拡張し、血流を再開させます。カテーテル治療は、身体への負担も少ないため、どの治療も入院期間は、3日~5日前後となっています。
心不全では、高齢者の入院が多く、保存的治療となることから、入院日数は約20日となっています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 45 27.64 19.92 4.44% 74.62  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 33 2.0 3.68 0.00% 71.97
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 6.59 9.14 33.33% 36.63  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 18.93 14.83 7.41% 75.70  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 14 10.86 12.35 0.00% 73.29  

呼吸器内科では、気胸を除き、70歳以上の高齢者の入院が多くなっています。
間質性肺炎では、高齢者の緊急入院が多く、重症化且つ併存疾患もあることから入院期間は27日前後と全国平均より長くなっています。
肺炎につきましては、下ページの「成人市中肺炎の重症度別患者数等」も合わせてご覧ください。
肺がん治療は、確定診断のための検査入院が最も多く、入院日数は2日となっています。化学療法での入院や、ターミナル期の入院と幅広く診察しています。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 80 15.24 11.06 0.00% 74.69  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 60 14.20 11.74 0.00% 76.03  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 59 10.54 9.02 1.69% 74.07

060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 6.19 7.44 0.00% 71.85
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 13.42 11.84 0.00% 57.74  

消化器内科では、胃、小腸、大腸等消化管と、肝臓、胆嚢、膵臓など消化器全般を取り扱っています。
大腸腺腫の切除(EMR)が最も多い件数ですが、短期滞在手術等基本料の対象となるため、DPC対象外となっています。
胆管結石や胆管炎に対する内視鏡治療が最も多い結果となりました。
また、肝臓がんでは、抗がん剤を細いカテーテルから直接肝臓に注入する方法や、早期胃がんでは、内視鏡による胃粘膜の焼灼術など、内視鏡療法を多数行っています。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 9.19 12.84 3.70% 67.19  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 12.31 8.87 3.85% 71.54  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15 13.40 14.77 0.00% 72.20  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 7.58  
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 9.32  

腎臓内科では、地域の透析クリニックから腎不全の悪化や併存症の悪化などで入院適応となった患者さんを多く受け入れています。
透析アクセス関連(シャントの定期的なメンテナンス等)の手術では、短期滞在手術等基本料の該当となるため、DPC対象外となっています。
また、これから透析療法を実施する患者さんに対し、人工腎臓を行う為に必要な血液が簡単にとる事ができるシャント作成も多く実施しています。

代謝内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14.61  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 13.78  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6.12  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 10.17  

代謝内科では、糖尿病の教育入院を中心に診療を行っていますが、平成28年度は医師減少により、いずれも10件未満の症例となっています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 15.25 16.73 12.50% 77.21  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 7.42 7.12 0.00% 56.53  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 26.61 21.25 16.67% 80.11  
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 25.07 18.71 14.29% 72.43  
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 10.36 9.36 7.14% 40.14  

神経内科の最も多い症例は、発症3日以内の比較的軽症の脳梗塞となりました。リハビリ療法を中心に診療を行い、14日前後での入院期間となっています。
脳梗塞では、地域連携パスを利用し、地域の後方病院と円滑な連携を行っています。
また、てんかん、パーキンソン病、脳脊髄の感染症(髄膜炎)など、神経内専門領域の疾患も多くとり扱っており、転院率が高いのも当科の特長です。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 153 4.73 5.5 0.00% 3.70  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 150 6.00 6.02 0.00% 1.61  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 121 7.07 6.42 0.00% 2.97  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 109 4.30 6.18 6.42% 0.00  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 6.43 5.79 0.00% 3.95  

小児科では、川崎市北部医療地域の小児救急を担っていることから、症例が多くなっています。
当院では、約10名の小児科医師が24時間救急患者を受け入れています。
ウイルス性の腸炎、気管支炎、喘息といった呼吸器疾患が多く、95%が緊急入院となっています。
低出生時体重児の治療については、出生時2,500g以下の場合は、指定管理者である聖マリアンナ医科大学本院で総合周産期母子医療センターが設置され、万全の体制を整えています。

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 6.06 7.61 0.00% 58.91
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 58 5.03 5.60 0.00% 39.97  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 45 7.84 6.91 0.00% 46.51  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 15.54 15.92 0.00% 73.27
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 35 7.51 9.91 0.00% 47.57  

消化器外科では、消化器疾患をメインに診療を行っています。鼡径ヘルニアの手術が最も多くなっていますが、短期滞在手術等基本料に該当するため、DPC対象外となり上記には含まれていません。
胆石症や胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多い件数となりました。標準的な入院日数は5日間です。
その他、虫垂炎や大腸がん、胃がんなど、悪性腫瘍に対しても手術、化学療法、緩和医療と幅広く診療を行っています。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 36 4.61 6.59 0.00% 53.47
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 22 7.36 10.30 0.00% 64.73
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 22 6.95 11.57 0.00% 56.73
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 4.10  
070041xx97x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 11.90  

乳がんのうち、腋窩部のリンパ切除をしない部分切除術が多い症例となりました。標準的な入院期間は4日間です。
その他、がんの進行度・浸潤度により、乳房全摘、腋窩部のリンパ切除を行う部分切除と乳がん手術を幅広く実施しています。
術前・術後のフォローに関しては、当院の他、指定管理者の聖マリアンナ医科大学と連携し診療を行っています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 21.96 16.54 34.62% 71.04  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 22.60 19.35 40.00% 69.44  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 9.17 9.87 4.35% 69.87  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 10.41 7.52 0.00% 50.24  
010060×2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 24.00 19.07 26.67% 67.60  

脳神経外科では、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などの脳卒中、脳挫傷、硬膜下血腫、硬膜外血腫などの頭部外傷、脳腫瘍、など多岐にわたり診療を行っています。
脳梗塞では、発症から3日以内でエダラボン(活性酸素除去剤)を使用し脳保護療法を行っている症例が最も多くなっています。また、血栓溶解療法(t-PA)による治療も行っています。また、入院後早期にリビリテーションを行い、退院後のADL向上に努めています。当院にて急性期の治療後、回復期病院や老人保健施設等へ転院される患者さんが多いため、後方病院のベット待ちのために在院日数が比較的長くなっています。硬膜下血腫については、穿孔洗浄術を実施しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 120 38.00 27.63 44.17% 80.96
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 87 3.75 5.49 0.00% 49.45  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 39 3.59 5.33 0.00% 35.15  
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 35 9.54 9.86 0.00% 42.40  
160835xx01xx0x 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 副傷病なし 31 28.71 23.54 0.00% 45.97  

整形外科では、高齢者による大腿骨骨折が最も多く、その他骨折関連が上位の結果となりました。
大腿骨骨折では、大腿骨頚部、転子部の骨折で、人工骨頭を挿入を行います。当院で手術後、リハビリテーションを継続して行う為、回復期リハビリ病院等への転院率が高くなっています。また、転院先のベット空きを待つために入院期間が長くなっています。
骨折が上位を占めましたが、その他、脊椎領域や四肢筋腱など幅広く診療を行っています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 43 3.05 4.28 0.00% 45.88  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 28 2.00 3.44 0.00% 69.36  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 10 4.30 8.78 0.00% 77.70  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 5.80  
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 3.46  

形成外科では、脂肪腫などの良性腫瘍、眼瞼下垂や顔面部の皮膚腫瘍等の疾患を取り扱っています。
良性腫瘍の摘出は、部位や、腫瘍の大きさ等により、全身麻酔下で行うため、入院適応となり標準的な入院日数は3日間です。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.97  
130111xxxxx0xx アレルギー性紫斑病 手術・処置等2なし 12.44  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8.96  
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 6.58  
030180xx99xxxx 口内炎、口腔疾患 手術なし 7.45  

皮膚科では、蜂窩織炎、紫斑病、帯状疱疹、蕁麻疹等の入院に対応しています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 111 3.42 5.83 1.80% 59.16  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 77 5.62 7.44 0.00% 75.49  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 26 7.19 7.08 0.00% 56.77  
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 23 3.74 5.75 8.70% 68.87  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 17 5.82 9.98 0.00% 73.18  

泌尿器科では、上部尿路疾患(腎または尿管結石)、膀胱腫瘍、前立腺疾患が多い結果となりました。
いずれの症例も手術目的の入院であり、TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)やTUL(経尿道的尿路結石除去術)といった、侵襲性の低い経尿道的手術を行っています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 33 1.03 2.43 0.00% 33.82  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 28 3.96 6.42 0.00% 38.36  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 25 8.80 10.05 0.00% 46.24  
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 12 1.08 2.50 0.00% 46.42  
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 10 7.80 12.29 0.00% 33.60  

産婦人科では、流産や妊娠悪阻などの妊娠合併症などの周産期疾患と良性の腫瘍を扱っています。ハイリスクが予想される周産期分野や悪性腫瘍については、当院の指定管理者の聖マリアンナ医科大学の本院に総合周産期母子医療センターが設置され、万全の転院体制をとっています。
卵巣嚢腫など卵巣の良性腫瘍疾患は、腹腔鏡下で全身麻酔下で手術を行います。低侵襲の手術となっているため、標準的な入院期間は4日間となっています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 7.01  
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり 11.07  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 7.72  
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 2.91  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.44  

眼科では、一番多い症例は白内障手術のための入院となりますが、短期滞在手術等基本料の該当手術のため、DPC対象外となります。
少数ではありますが、硝子体手術、角膜移植、緑内障手術を行っています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 63 9.67 9.37 0.00% 56.98  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 36 7.28 9.60 0.00% 54.25  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 34 7.47 7.47 0.00% 52.26
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 33 5.58 5.50 0.00% 29.12  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 26 7.81 8.12 0.00% 23.50

耳鼻咽喉科では耳、鼻、口、のど、頸部の病気を取り扱います。当院では、突発性難聴、顔面神経麻痺、扁桃腺炎といった急性疾患を多く取り扱っています。
突発性難聴が最も多く、基本的に9日間のスケジュールで点滴治療を行っています。顔面神経障害も同様に7日の入院を基本とし、点滴療法を実施しています。
いずれも、重症度や療法で改善がみられない場合は、追加で点滴療法や鼓室内にステロイド注入を行うことがあります。
慢性副鼻腔炎では、内視鏡下で手術を行いますが、全身麻酔下で実施します。標準的な入院期間は、8日間となります。
扁桃腺炎では、扁桃腺周囲膿瘍等で、投薬治療を実施する場合は、5日間、扁桃腺摘出術を行う場合は、全身麻酔下で実施し、8日間が標準的な入院期間となります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

 

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 79 9 15 35 2 22 1 7
大腸癌 50 28 57 53 8 30 1 7
乳癌 30 29 5 0 0 0 1 7
肺癌
肝癌 16 14 22 10 3 42 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんのうち患者数の多い上記5つのがんについて進行度であるUICC病期分類という国際分類別に集計したものです。病期・進行度を意味しており、上記の表のStageの大きさで分類されており、StageⅣが最も進行していることになります。不明の項目は診断を行うための検査目的の入院になります。
胃がんではStageⅠの患者が多く、内視鏡的な早期治療を行っています。
当院では、手術、抗がん剤治療など患者さんに合わせた治療法を選択し治療を行っています。また、医師、看護師、薬剤師などで構成される緩和ケアチームがあり、患者さんの苦痛を和らげる活動も行っています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

 

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 7.41 44.25
中等症 97 16.75 75.13
重症 31 19.19 84.65
超重症
不明

病院外で普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎を市中肺炎といいます。入院時の各データ、年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つを点数

脳梗塞のICD10別患者数等

 

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び
関連症候群
3日以内 12 5.00 66.75 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の
血管(性)症候群
3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 162 30.28 75.30 31.72
その他 24 18.33 75.13 3.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他 14 8.14 67.43 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病<
ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

一過性脳虚血発作とは、麻痺や感覚障害などの脳局所症状が24時間以内に軽快し、脳梗塞の前触れ発作として重要な疾患です。
脳梗塞は脳の血管の閉塞によって脳血流が不足して脳が不可逆的変化を起こす状態で、麻痺や感覚障害など梗塞部位に応じて多彩な症状を呈します。
「脳梗塞」の患者さんが最も多く、発症から3日以内に血栓溶解剤やリハビリテーション等の治療を開始しています。また、地域連携パス等を使用し回復期リハビリ病院への転院支援を行っています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

診療科別主要手術別患者数等

 

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 104 1.38 2.63 0.96% 69.89

K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 28 1.82 3.43 0.00% 62.04

K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 27 1.00 1.33 0.00% 67.85

K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.00 15.81 4.76% 66.29

K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 4.86 10.05 4.76% 81.33

循環器内科では、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患に対し、カテーテル手術の症例数が多い結果となりました。カテーテル手術は、腕や足の血管から心臓まで管(カテーテル)を通し狭窄した部位を拡張して病変を治療する方法です。緊急手術を除き、事前に心臓カテーテル検査を行い、診断の確定後、これらの治療を行っています。
不整脈に対する治療は、カテーテルを心臓内に挿入し、不整脈のもととなる異常な部分に高周波電流を流し焼灼を行う治療です。外科治療に比べ身体に負担が少ない治療法です。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 263 0.50 1.23 0.38% 68.29
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 67 3.73 12.31 0.00% 77.09  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 61 1.90 7.66 1.64% 73.92

K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 60 3.27 10.25 0.00% 75.50  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 31 0.45 1.52 0.00% 66.06

消化器内科では、内視鏡的大腸のポリープ切除術が最も症例が多くなっています。外来でも行うことができますが、ポリープの数や発生部位、年齢等を考慮し入院手術となります。また、この手術は短期滞在手術等基本料3の該当手術であり、2日間での入院が主流となっています。
内視鏡胆道ステント留置術では、胆管結石や胆道狭窄など、胆管に対しステントを挿入し拡張する内視鏡治療になります。
血管塞栓術については、肝臓がんに対し、血管造影を行いながら、カテーテルで肝臓内の血管に抗がん剤を注入する手術となります。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 156 0.64 1.61 0.64% 70.94

K610-3 内シャント又は外シャント設置術 35 4.63 11.31 2.86% 69.57  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10 6.40 6.30 0.00% 58.70  
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの)(長径10cm以上)(その他のもの)  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)  

腎臓内科では、人工腎臓(透析療法)を行っています。透析はシャントを介し体内の血液を体外の機器へ循環させる必要があり、アクセス関連(シャントの設置やシャントの定期的なメンテナンス等)の手術を多く行っています。
経皮的シャント拡張術・血栓除去術は、地域の透析クリニックと連携し、円滑に透析を行う為にこれらの手術を定期的に行っています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 150 1.41 1.31 0.00% 65.75
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 99 1.08 4.12 0.00% 59.19
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 57 0.33 3.68 0.00% 39.33  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 41 3.93 15.00 0.00% 72.63
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 34 1.00 5.85 0.00% 65.06  

消化器外科では、ヘルニア手術が最も多い結果となりました。この手術は短期滞在手術等入院基本料の該当手術であり、3日または4日間の入院となっています。腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下虫垂切除術、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術では、ともに腹腔鏡を使用することで、低侵襲性化を行い患者さんへの負担の軽減と入院期間を短縮化に努めています。
抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置は、化学療法を導入する際に抗がん剤を持続注入するために留置する必要があります。留置することで安全に化学療法を実施することができます。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 1.0 2.61 0.00% 53.47
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 21 1.00 5.33 0.00% 64.57
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 11 1.00 3.27 0.00% 55.82
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)  
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)  

乳がんの手術にいては、乳房部分切除術で腋窩部郭清を伴わないものが最も多くなっています。基本は手術日の前日に入院し、術後2~4日後に退院となります。
乳房を切除を行う症例については、術後の全身管理のため入院日数が長くなっています。
乳がんの手術については、指定管理者である聖マリアンナ医科大学の協力体制のもと行われています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 0.25 14.03 11.11% 75.06  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 21 1.52 73.81 85.71% 75.05  
K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 7.23 44.23 15.38% 60.23  
K1742 水頭症手術(シャント手術)  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)  

脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多くなっています。緊急での手術が多く術前日数が短いのが特長です。術後は数日から2週間程度で退院となります。
頭蓋内血腫除去術では、脳内出血の疾患に対し行います。緊急手術が多くなっており、術後は転院される事が多く、またリハビリや転院調整のため術後日数が長くなっています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 116 2.94 10.9 0.00% 53.88  
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 99 5.11 24.86 28.28% 74.85
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿) 85 0.92 1.26 0.00% 48.84


K0811 人工骨頭挿入術(股) 47 5.43 32.60 53.19% 79.77
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・膝蓋骨) 38 1.32 12.21 2.63% 48.92  

整形外科では、前腕骨、または下腿骨の骨折による観血的手術が多くなっており、また術後の約1年後に挿入したプレートやスクリューを抜去する出術も85件となっています。ともに3日間の入院が最も多くなっています。
次いで多いのが大腿骨の骨折観血的手術、股関節の人工骨頭挿入術となっており、平均年齢が高齢化しています。また、術後のリハビリや転院調整のために入院期間が長期化する結果となっています。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 29 1.00 1.10 0.00% 48.21  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 19 0.00 1.00 0.00% 71.42  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 10 0.80 3.30 0.00% 78.00  
K333 鼻骨骨折整復固定術  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)  

形成外科では、体幹部などの脂肪腫などの直径6cm~12cmの良性腫瘍の摘出が最も多くなっています。手術は全身麻酔下で行い入院期間は3日間となっています。
次いで多い症例は、瞼が垂れ下がる眼瞼下垂となっています。入院当日に手術を行い、翌日に退院します。
皮膚悪性腫瘍切除術では、主に顔面部にできた腫瘍の摘出を行っています。手術は全身麻酔下で行い、3日から5日の入院期間となっています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 112 1.48 1.43 1.79% 59.13  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 87 1.72 2.99 1.11% 75.41  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 41 0.85 4.12 0.00% 64.29  
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 20 1.25 1.40 10.00% 69.85  
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 18 1.22 3.50 0.00% 72.56  

泌尿器科では、尿道から細径の内視鏡を挿入し、直接レーザーにて結石を破砕する経尿道的尿路結石除去術が最も多い症例となりました。破砕する数や部位にもよりますが、2日から3日の入院となっています。
2番目に多い症例は、膀胱悪性腫瘍手術となっており、膀胱にできた悪性腫瘍に対し、尿道より膀胱へ内視鏡を挿入して腫瘍を切り取る手術です。4日から5日間の入院が標準となっています。
3番目に多い症例は、経尿道的ステント留置術となっており、腎臓から膀胱までを繋ぐ尿管に腎盂腎炎や水腎症などが原因で通過障害がある場合、尿の通過障害を解除する目的で行う手術になります。
その他、下部尿管結石に対する、膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術)、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術を多く行っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 32 0.75 2.19 0.00% 40.56  
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 31 0.00 0.00 0.00% 33.94  
K877 子宮全摘術 28 1.00 7.07 0.00% 49.82  
K861 子宮内膜掻爬術 14 0.07 0.14 0.00% 44.57  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 11 1.00 1.00 0.00% 36.45  

産婦人科では、卵巣嚢腫に対する、子宮附属器摘出術が最も多くなっています。この手術は腹腔鏡下で手術を行い、入院期間はおおよそ4日間となっています。
次いで多いのが、妊娠11週までの流産手術です。日帰り入院となっています。
子宮筋腫に対する子宮全摘術では、開腹手術のため9日間の入院となっいます。
子宮内膜掻爬術は子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症に対し実施しますが、日帰り入院が基本となっています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 362 0.10 1.02 0.00% 77.20


K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)  
K259 角膜移植術  
K2682 緑内障手術(流出路再建術)  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの)  

眼科では、白内障に対する、水晶体再建術が最も多くなっています。患者は高齢者が多く一部は日帰り手術で行っていますが、ほとんどが入院手術となっています。この手術は短期滞在滞在手術等基本料の該当手術で、片眼2日間での入院を基本としています。
症例数は少数ですが、角膜移植、緑内障手術を実施しています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

耳鼻いんこう科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 1.00 6.33 0.00% 25.83
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.35 6.00 0.00% 55.95
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 16 1.00 5.75 0.00% 48.06
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 16 0.25 4.50 0.00% 36.81  
K347 鼻中隔矯正術 11 1.00 4.45 0.00% 31.82  

耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃手術が最も多い件数となりました。全身麻酔下で手術を行い、入院期間は8日間が標準となっています。10歳未満の小児、20歳台の患者が多くなっています。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型、4型では、慢性副鼻腔炎に対し実施します。7日または8日間の入院が標準となっています。入院症例では、全身麻酔下で行い、鼻の穴から内視鏡を入れ、病的粘膜やポリープなどを取り除き空気や分泌物が通りやすいように副鼻腔と鼻腔の通路を広げます。
そのた、扁桃腺周囲膿瘍の切開術、鼻中隔矯正の手術を実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 22 0.25
異なる 29 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 190 2.18
異なる 12 0.14

重篤な感染症、悪性腫瘍、大きな手術後、出産時などに、体内の血管に血栓が発生し血管をつまらせ、それが原因で過剰な出血傾向が起こりやすくにる病態を播種性血管内血液凝固症候群といい、敗血症は肺炎や尿路感染症等、感染症を起因とした重篤な全身の炎症反応状態をいいます。
入院契機の「同一」、「異なる」の違いは、入院時にその病名が契機となったものを「同一」、別の疾患で入院したが入院中に上記疾患が発症したものを「異なる」としています。
手術・処置等の合併症で190症例となっていますが、これは、腎臓内科の治療で透析を行うためのシャントが血栓などにより、血栓の除去やシャントの交換を行うために件数が多くなっています。
※上記一覧表には10名未満の場合には、人数の記載をせず「-」と表示しています。

更新履歴

2017/09/29
データを公開しました。
2017/10/31
患者用パスを更新しました。

PAGETOP