救急災害医療センター

24時間365日体制で、迅速・的確に対応する地域の中核センター

本病院の特色である一次・二次救急医療、小児救急医療、災害時医療に対するセンターです。24時間365日体制で、小児科を含む全科対応型の救急医療施設となっています。ここは処置室2室、予備室1室、集中治療室(ICUおよびCCU)10床と一般診察室3室、婦人科・泌尿器科診察室1室、外来観察ベッド10床を有しています。救急外来では救急の主要な疾患に迅速に対応するため、救急専任医と小児科、循環器科、脳神経外科の専門医が24時間、救急隊とホットラインで連絡をとり対応します。 ICUでは(1)二次救急(2)単一診療科で診療可能な三次救急(3)院内発症救急(4)手術後にICU管理を必要とする合併症例などの患者さんの集中治療を、CCUでは循環器科救急の集中治療を行っています。また、地震等の災害時における医療提供の拠点として機能できるよう屋上にヘリポートを設置、救急医療のための体制が整えられています。
 

ICU/CCU


集中治療室(10室)を備え、電子カルテシステム・生体監視モニターで患者さんの全身管理に対応。

処置室


外来では二次救急の患者さんを24時間体制で診療しています。

救急車搬送

救急外来診療室・観察ベッド

PAGETOP