がん化学療法

抗がん剤の調製

当院では、医師より申請されたがん化学療法レジメンを、多職種から構成されるレジメン審査委員会において薬学的な観点から審査しています。レジメンに基づき、院内で治療に使用される注射薬抗がん剤を薬剤師が調製しています。
抗がん剤の調製は、がんの治療を受けられる患者さん一人ひとりの処方内容、検査値の確認や調製量の計算をして行っています。複数の薬剤師がレジメンの内容や調製する薬剤・投与量・調製量に誤りがないかチェックを行い、患者さんへ抗がん剤が安全に投与されるように心がけています。また、安全キャビネットを用いて清潔な環境下で調製を行うことで、医療従事者の抗がん剤曝露対策にも努めています。

薬剤師外来

初回治療や治療変更の際には、治療スケジュールや薬の効果について説明したり、副作用の症状や発生時の対応等を指導したりしています。
外来で薬物治療を開始する際にも、薬の効果や副作用について薬剤師が外来で説明しています。抗がん剤治療に関する説明、がん性疼痛や骨粗鬆症に使用する薬の説明、使い方が難しい薬の説明、定期的に副作用の確認が必要な薬を使う場合など、薬物治療が適切に続けられるよう支援しています。

PAGETOP