教育研修


ファーマシューティカルケアを実践するために様々な教育プログラムを実施しています。また、他職種連携、薬薬連携を円滑に行うために講演会も開催しています。

新人研修(年間17回程度):1~2年目対象(4病院合同)

※4病院:聖マリアンナ医科大学病院・横浜市西部病院・川崎市立多摩病院・東横病院
基礎編では、処方監査に必要な基礎知識やコミュニケーションスキルを学びます。
応用編では、代表的な疾患(糖尿病・虚血性心疾患・感染症等)についての薬物治療を学ぶとともに、薬剤ごとのTDMについての理解を深め、臨床薬剤師的視点を養います。

ジャーナルクラブ(隔月・2年間):3~5年目対象(4病院合同)

エビデンスに基づいた治療の実践に不可欠な論文の読み方をスモールグループディスカッション形式で学びます。研修後は国内外の最新の論文を読み、患者の治療に役立てます。

症例報告会(年間10回) (4病院合同)

薬物治療に関わった際の問題点について科学的に評価し、検討しています。
◆院外の方も参加可能です。

抄読会(年3-4回)

ジャーナルクラブで研修した薬剤師を中心に日常の臨床現場で疑問に感じた点に対して、治療の根拠となる文献を調査し、科学的に評価しています。
◆院外の方も参加可能です。

生涯教育研修(年2回)

医師・薬剤師・看護師など医療従事者を対象に薬物治療や患者教育を行う上でのポイントや注意点について講演しています。
◆院外の方も参加可能です。

PAGETOP