病棟業務

1病棟2名(1名専任、1名兼務)の薬剤師を配置し、患者さん一人一人の薬物治療に参画しています。
 

処方チェック

6 Rights(正しい患者、正しい薬、正しい目的、正しい用量、正しい用法・経路、正しい投与時間)、適応、禁忌、相互作用などを確認しています。

処方設計

患者さんの病態や腎機能に応じた投与設計、EBMや経済観点からの薬剤選択の提案などを行っています。

薬物治療モニター

薬物治療による効果や副作用について、患者さんとの面談や血液検査などからモニタリングを行っています。

TDM

TDM対象薬の投与設計や、血中濃度の確認とコンサルテーションなどを行っています。(詳細はTDMの頁を参照)

回診・カンファレンスへの参加

各診療科の回診やカンファレンスへ参加し、患者さんの情報を収集すると共に、薬剤師の立場から様々な情報を提供しています。
また、退院調整合同カンファレンスにも適宜参加し、患者さんの退院後の生活を支援します。

DI業務

副作用の情報収集を行ったり、内服薬の飲み合わせや経管投与の可否、注射薬の配合変化や投与速度など、薬剤が適正に使用されるよう医師・看護師などへ情報提供を行っています。

服薬指導

入院時には、患者さんの持参薬やお薬手帳、アレルギー歴など確認し、入院後の薬物治療設計に貢献しています。
入院中・退院時には、患者さん本人や、そのご家族に対し、使用している薬剤について情報提供を行っています。

勉強会などの開催

医師・看護師・薬剤師に対し、医薬品安全管理に関する研修会を開催します。
患者さんに対しては、糖尿病教室、腎臓病教室などを行っています。

PAGETOP