薬剤師外来

当院では安全で効果的な薬物治療を提供するために、薬剤師外来を設け、外来で抗がん剤治療、緩和薬物治療、骨粗鬆症・骨転移治療、C型肝炎治療などを受けられる患者さんの服薬指導や、手術・検査前の持参薬確認などを行っています。また、他の医療機関の医師、歯科医師や薬局薬剤師に対して、お薬手帳を介した情報提供を行っています。

外来化学療法

薬剤師(がん薬物療法認定薬剤師)が、医師(がん薬物療法専門医)や看護師(がん化学療法看護認定看護師)と協働し、外来通院で抗がん剤治療を受けられる患者さんが安心して治療を継続していただけるように努めています。初回治療や治療変更の際には、治療スケジュールや薬の効果について説明したり、副作用の症状や発生時の対応等を指導したりしています。また、治療開始後には服薬状況や副作用の発現状況等を確認し、処方提案や処方設計支援を行ったりしています。

緩和薬物治療

オピオイド鎮痛薬や症状を緩和する薬について、効果的な服用方法を説明したり、副作用の症状や発生時の対応等を指導したりしています。患者さんの苦痛を和らげ、生活の質が向上するよう、緩和ケアチーム、緩和薬物療法認定薬剤師と連携し、より良い緩和薬物治療の提供に努めています。

骨粗鬆症・骨転移治療

注射薬(ビスホスホネート製剤、抗RANKL製剤等)による骨粗鬆症や骨転移に対する治療開始時に、薬剤師が治療薬について説明したり、副作用(低Ca血症、顎骨壊死等)の早期発見、重篤化防止のために、臨床検査値や歯科受診歴の確認を行ったりしています。

C型肝炎治療

薬剤師が治療薬について説明し、継続的な服薬状況や副作用の確認を行うことで、アドヒアランスの向上に寄与しています。相互作用や臨床検査値についても確認し、薬物治療が安全に継続できるよう努めています。

手術・検査前の持参薬確認

手術・検査を受ける患者さんのアレルギー歴、手術に影響のある薬やサプリメントの服用歴を確認し、手術・検査に影響がある薬剤について、手術・検査日程に合わせた休薬の指示を指導しています。医師、看護師や病棟担当薬剤師とも情報を共有し、手術の延期や麻酔方式の変更などを回避し、安全に手術・検査が行われるように連携を図っています。

PAGETOP