TDM

薬物を有効かつ安全に使用するために、薬物の血中濃度を測定して、患者さん個々に適した投与量や投与スケジュールを設計しています。
入院患者さんにおいては、病棟担当薬剤師が患者の全身状態を評価し、体内動態を予測します。最適な投与量、投与間隔を算出し、医師への提案を行います。また、TDMが必要な抗菌薬の一部に関しては、抗菌薬注射オーダおよびTDM採血オーダを医師に代行して薬剤師が行なっています。
外来患者さんにおいても、全症例に対し、TDM担当薬剤師が解析を行っています。

PAGETOP