サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半と後半で違う?

サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半と後半で違う?

 

「ツインレイのサイレント期間って、どんなことが起こるの?サイレント期間前半と後半はどう違うの?」

 

サイレント期間にどんな試練が待ち受けているのか、不安でたまらないという方は少なくないでしょう。

また、始まり方や終わっていくときの変化など、サイレント期間の一連の流れが気になりますよね。

 

  • そもそもサイレント期間ってどんなもの?
  • ランナーとチェイサーそれぞれの役割は?
  • サイレント期間の前半、後半の特徴が知りたい!

 

これらのことについて知っておけば、サイレント期間で起こる試練にも落ち着いて対処できそうですよね。

そこで今回は、サイレント期間の具体的な概要や、サイレント期間前半・後半で起こることについてお話ししていきます。

 

ランナーとチェイサーそれぞれの特徴も解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

この記事のまとめ
  • サイレント期間は、ツインレイが統合を果たすための最大の試練
  • サイレント期間前半のランナーは精神状態を崩す
  • チェイサーは自分がランナーに執着していたことに気づく
  • サイレント期間後半は、ランナーが自分の価値観を再構築する
  • チェイサーはランナーへの依存心がなくなる
  • ランナー・チェイサーの準備が整うと再会のサインがある

 

目次

そもそもサイレント期間って何?ツインレイにとってなぜ必要なの?

サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半と後半で違う?

 

「サイレント期間で離ればなれになることが、ツインレイにとってプラスになるの?」

愛する人と離ればなれになることのメリットが分からず、そんな疑問を感じている人もいることでしょう。

 

サイレント期間は、ツインレイが統合を果たすために避けて通ることのできない「最大の試練」なのです。

ここでは、以下の事柄について解説していきます。

 

  • サイレント期間の概要とツインレイにとっての必要性
  • サイレント期間の長さはどのくらい?
  • サイレント期間中にランナーが務める役割や特徴
  • サイレント期間中にチェイサーが務める役割や特徴

     

    サイレント期間の重要性をしっかりと理解すれば、むやみに苦しむことはなくなるでしょう!

     

    サイレント期間の概要とツインレイにとっての必要性

     

    ツインレイが現世で巡り会うと、必ずサイレント期間を経験することになります。

    これは避けられない運命なんです。

     

    • サイレント期間は、やっと出会えたツインレイが物理的に離ればなれになってしまうことから始まる
    • 互いに様々な試練を乗り越え、魂を成長させることを目的としている

       

      離ればなれになってまで魂を成長させる必要があるのは、ツインレイの最大の目的である統合を果たすためです。

      統合を果たすことによって魂が1つになり、本当の意味で強い絆で結ばれた2人になることができます。

       

      統合に至るのは簡単ではなく、辛い試練をクリアし魂を磨かなくてはいけません。

      ツインレイの最大の試練とも言われるサイレント期間を、耐え抜くことが非常に重要なのです。

       

      サイレント期間の長さはどのくらい?

       

      サイレント期間がどのくらい続くのかも気になりますよね。

      結論からお伝えすると、ツインレイそれぞれなんです。

       

      数か月程度で終わる場合もあれば、数年かかってしまうことも。

      しかし、先ほどもお伝えした通りサイレント期間はツインレイにとって、大切な試練の時になります。

       

      あまりに長いと、再会できないのではないかと心配するかもしれません。

      しかしランナー、チェイサーが次にお話しする役割を果たしていけば、再会の時は必ずやってくるのです。

       

      サイレント期間中にランナーが務める役割や特徴

       

      サイレント期間中、ツインレイは「ランナー(逃げる側)」「チェイサー(追う側)」という2つの相反する役割に分かれます。

      ランナーの役割は、男性が担うケースがほとんどです。

       

      なぜ愛する人とようやく巡り会えたのにランナーは逃げてしまうのか、その理由として以下のことが挙げられます。

       

      • 「自分には不釣り合い」「幸せにしてあげられない」とネガティブに考えてしまう
      • 女性の社会的地位や人脈の広さなどに嫉妬してしまう
      • 女性からの愛を負担に感じる

         

        このような気持ちが心を支配し、耐え切れなくなって「離れよう」と決意します。

        魂がまだ未熟なランナーは、とにかく自信がなく、プライドが高いことが特徴的です。

         

        サイレント期間中に試練を乗り越えることによって、自分自身の弱い部分と向き合い精神性を高めていきます。

         

        サイレント期間中にチェイサーが務める役割や特徴

         

        チェイサー(追う側)の役割は、ランナーとは逆で大抵女性が担うことになります。

        女性の方が男性性が高い場合はランナーとなり、男性の方が女性性が高い場合はチェイサーとなるケースもごくまれにあるでしょう。

         

        チェイサーは突然逃げ出してしまったランナーを追い求めて、サイレント期間中は苦しい日々を過ごすことになります。

        「どうして離れていってしまったの…」「彼(彼女)がいない状況が耐えられない…会いたい…」このような思いが頭の中を駆け巡るんですね。

         

        そして、ランナーに対する悲しみや怒りなどネガティブな感情が溢れ出てしまいます。

        離れていったランナーを思って激しく苦しむほど、チェイサーは執着心・依存心が強いことが特徴的です。

         

        「執着心を手放し自立心を持つこと」これこそが、サイレント期間の中でチェイサーが乗り越えるべき課題なのです。

         

        サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半の特徴

        サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半と後半で違う?

         

        ここでは、サイレント期間前半の特徴についてお話ししていきますね!

         

        • サイレント期間前半の概要
        • 始まりはランナーがチェイサーから離れること
        • ランナーは精神状態を大きく崩すことが多い
        • チェイサーは自分がランナーに執着していたことに気づく

         

        サイレント期間前半の概要

         

        サイレント期間の前半は、ツインレイの2人にとって非常に苦しい時期になります。

        ランナーは自分自身に降りかかる様々な試練に悩まされるでしょう。

         

        メンタルな面でも苦悩が続いてしまうはずです。

        そして、チェイサーは離れていったランナーを思い悲しみに明け暮れてしまうことになります。

         

        しかしただ苦しむだけでなく、自分自身の課題をしっかりと見つけ出し「乗り越えよう」と心に決める大切な時期でもあるのです。

         

        始まりはランナーがチェイサーから離れること

         

        サイレント期間は、ランナーがチェイサーのもとを突然離れることから始まります。

        これまでずっと仲良しで順風満帆な日々を送っていたのに、急にランナーの様子に変化が表れるのです。

         

        • ランナーが連絡手段を全てブロックしてしまう
        • 小さな意見のズレが大喧嘩に発展し、そのまま会うことがなくなってしまう
        • ランナーが遠くに引っ越してしまう

           

          このように物理的な距離感が急激に開いてしまうのが、サイレント期間が始まったサインです。

          チェイサーの立場からすると、心を完全に閉ざされてしまったように感じてひどいショックを受けるでしょう。

           

          しかし、決してランナーがチェイサーを嫌いになったわけではありません。

          ツインレイの2人にとってなくてはならない試練のときが来ただけなので、慌てず冷静に向き合うことが重要ですよ。

           

          ランナーは精神状態を大きく崩すことが多い

           

          サイレント期間が始まった当初のランナーは、チェイサーから離れて安堵感を覚えるでしょう。

          しかしホッとするのは束の間で、すぐに様々な試練が一気に押し寄せ精神状態を崩してしまう傾向があります。

           

          • 仕事や人間関係など、現実的な面で問題が次々に起こる
          • チェイサーへの思いを断ち切れず孤独感に苛まれる
          • 社会的地位や体裁を優先していたこれまでの自分が、変わりつつあることに戸惑う

             

            このようなことが立て続けに起こり、普通の人では耐えきれないほどの苦しみが常につきまとうのです。

            これらの試練をひとつひとつしっかりとクリアしなければ、いつまでも逃れられることはできません。

             

            もがきながらも乗り越えることしか、精神状態を安定させる道はないのです。

             

            チェイサーは自分がランナーに執着していたことに気づく

             

            チェイサーは、突然自分の元から逃げていったランナーを追いかけようとします。

            しかし、追えば追うほどランナーは遠ざかっていくのです。

             

            「どうして逃げていくの…」と悲しみに明け暮れる中、自分自身の心のあり方に問題があることに気づきます。

             

            • 自分自身の中にランナーに対する強い執着心がある
            • 執着心さえ手放せば辛い思いをしなくてすむのでは?

               

              このようにして、サイレント期間中自分が乗り越えるべき課題をごく自然な流れで見つけ出すのです。

              ランナーに夢中になるあまり自分軸を見失っていたことに気づき、「このままではダメだ」と前向きに行動し始めます。

               

              サイレント期間に起こることは?サイレント期間後半の特徴

              サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半と後半で違う?

               

              サイレント期間が後半になると、ランナー・チェイサー共に課題を乗り越えてお互いを思う気持ちが確かなものとなっています。

              自分自身が以前よりもずっと成長したと感じられるでしょう。

               

              また、サイレント期間を終える頃には再会のサインが、次のように様々な形で表れるようになります。

               

              • ランナーは徐々に自分の価値観を再構築する
              • チェイサーはランナーへの依存心がなくなる
              • 2人の準備が整うと再会のサインがある

               

              では、サイレント期間後半の特徴について詳しくご紹介していきますね!

               

              ランナーは徐々に自分の価値観を再構築する

               

              ランナーは精神が崩壊するほどの試練を経験する中で、徐々に「自分にとって何が大切なのか」その答えを明確にしていきます。

              サイレント期間前は現実主義でプライドが高く、その上自信もなかったランナーが価値観を再構築していくのです。

               

              • 自分の弱い部分を否定するのではなく、「認めて受け入れる」という気持ちが芽生える
              • チェイサーからの愛を受け入れられる心構えができる
              • チェイサーに対して無条件の愛情を向けられるようになる

                 

                自分の弱い部分を、ランナーが認められるようになるのがサイレント期間後半です。

                そして、今まで重いと感じたこともあるチェイサーからの愛も、受け入れられるようになっています。

                 

                チェイサーに対しては、無条件の愛情を注ぐことができるまでになっているでしょう。

                このような大きな心境の変化が表れたときこそが、魂が成長したサインなのです。

                 

                ここまでくれば、ランナーはチェイサーとの再会を自然と望むようになります。

                 

                チェイサーはランナーへの依存心がなくなる

                 

                サイレント期間が終わりに近づくと、チェイサーの中にあったランナーへの依存心は嘘のようになくなっています。

                ランナーを追うのをやめて、自分自身の課題に取り組み日々を充実させたことによって自立心が養われたのです。

                 

                • ランナーに会いたいという気持ちが一切なくなる
                • 「幸せでいてくれればそれでいい」と、無償の愛を向けられるようになる

                 

                自分でも「もしかして彼への気持ちが冷めた…?」と疑うほど、ランナーへの気持ちがかなり落ちつきます。

                「会いたい」と切望していた苦しい気持ちは、すっかりなくなっているはずです。

                 

                そして、相手に会えなくても「あの人が幸せならそれでいいんだ」という思いが心の底から湧き上がってきます。

                しかしこれは愛情が減少したのではなく、ランナーとの魂の繋がりを無意識に信じられるようになった証拠なのです。

                 

                ここまで来ればランナーと再会し統合を果たすときは、すぐそばまで迫っています。

                 

                2人の準備が整うと再会のサインがある

                 

                ランナーとチェイサーどちらも課題をクリアしたら、いよいよ再会のときがやってきます。

                再会が迫ると、前兆として次のような様々なサインが現れますよ。

                 

                • 強い眠気が襲ってくる
                • ツインレイが頻繁に夢の中に現れる
                • 原因不明の体調不良を起こす

                 

                • 強い眠気が襲ってくる

                 

                「毎日しっかり睡眠をとっているのに、なぜだか無性に眠い…」サイレント期間中にそのような状態になったら、いよいよ再会のとき。

                ツインレイとの再会が間近に近づいているサインです。

                 

                サイレント期間が終わる頃眠気が強くなるのは、再会に向けてエネルギー交流が盛んになるからとされています。

                これまでお互いの中に眠っていたエネルギーが活発に動くことで、知らず知らずのうちに体力を消耗してしまうのです。

                 

                体力を消耗しているので、再会を楽しみにしながらも睡眠はしっかりとるようにしましょう。

                昼寝タイムなども取れると安心ですね。

                 

                • ツインレイが頻繁に夢の中に現れる

                 

                試練を乗り越えて2人の魂が成長したとき、再会の合図としてツインレイが頻繁に夢の中に現れることも多いです。

                魂が繋がっている2人は、夢という潜在意識が関わる空間の中で交流することがあります。

                 

                「会いたい」という気持ちが強いと、無意識に相手の夢に現れることがあるのです。

                ずっと離ればなれだった相手が夢に現れたら、「もうすぐ会える」と信じてそのときを静かに待ちましょう。

                 

                • 原因不明の体調不良を起こす

                 

                サイレント期間が終わる前に、再会のサインとして「めまい」「頭痛」「発熱」などの原因不明の体調不良が起こることもあります。

                特に思い当たる節がないのに、体調を崩すことが特徴です。

                 

                これは、お相手と再会し統合を果たす前の好転反応と言えるでしょう。

                ただし体調不良を「再会のサイン」と決めつける前に、しっかりと病院で医師の診断を受けるようにしてください。

                 

                もし問題が見つからなければ、再会は目前に迫っているということです。

                十分に休息をとり、自分の心と体をいたわりながら再会を待ちましょう。

                 

                まとめ

                サイレント期間に起こることは?サイレント期間前半と後半で違う?

                 

                サイレント期間は、ツインレイにとって避けることができない最大の試練と言えます。

                しかし乗り越えることで、ツインレイにとって最大の目的である統合を果たすことができるのです。

                 

                サイレント期間についてまとめ
                • サイレント期間は、ツインレイが統合を果たすための最大の試練
                • サイレント期間の長さはツインレイによって異なる
                • 多くの場合ランナー(逃げる側)は男性、チェイサー(追う側)は女性
                • サイレント期間は、ランナーがチェイサーから離れることから始まる
                • サイレント期間前半のランナーは精神状態を崩す
                • チェイサーは自分がランナーに執着していたことに気づく
                • サイレント期間後半は、ランナーが自分の価値観を再構築する
                • チェイサーはランナーへの依存心がなくなる
                • ランナー・チェイサーの準備が整うと再会のサインがある
                • 再会のサインは、強い眠気が襲ってくること
                • ツインレイが頻繁に夢の中に現れるのも再会のサイン
                • 再会が近いと原因不明の体調不良を起こすこともある

                 

                サイレント期間では、目の前に立ちはだかる問題から逃げずに、ひとつひとつクリアしていくことがポイントです。

                そしてサイレント期間が終わる頃には、苦しみから解き放たれて穏やかな気持ちを手に入れて統合できるようになりますよ。

                 

                ランナー、チェイサーともサイレント期間を恐れたり挫けたりせず、再会を信じて着実に乗り越えていきましょう!

                 

                 

                よかったらシェアしてね!
                • URLをコピーしました!
                • URLをコピーしました!
                目次