リウマチ・膠原病内科

診療内容

関節痛を主訴とする患者さんの鑑別診断と治療、ならびに膠原病関連疾患の診断と治療を行っております。主な対象疾患は、関節リウマチ、乾癬性関節炎や強直性脊椎炎などの血清反応陰性脊椎関節症、SAPHO症候群、痛風や偽痛風、膠原病(全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、全身性強皮症、混合性結合組織病)や血管炎症候群(高安病、巨細胞性動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症など)、膠原病関連疾患(ベーチェット病、成人スティル病など)などです。
常勤医はおりませんが、毎週火曜日から金曜日の午後まで、聖マリアンナ医科大学リウマチ・膠原病・アレルギー内科の上級スタッフが、専門外来を担当しております。
緊急対応も含め、特殊な診断や治療のために入院が必要な際には、聖マリアンナ医科大学病院のリウマチ・膠原病・アレルギー内科が速やかに対応しております。

診療実績

  27年度 28年度
外来延患者数 4,298人 3,946人
初診紹介患者数 95人 77人

最近の話題

関節リウマチの治療体系が近年劇的に改善しました。メトトレキサートや生物学的抗リウマチ薬を駆使することにより、関節炎症状を収束し関節破壊の進行を止めることが可能となりました。従来用いられてきた非ステロイド抗炎症薬(いわゆる鎮痛薬)やステロイドが不要な時代となりました。生物学的抗リウマチ薬は大変高額ですが、私たちは、一部の製剤では通常の半分から4分の1の量でも関節炎をコントロールできておりますので、経済的負担も減らせ、かつ安全性も高められます。高齢者や合併症の多い患者さんにも安心して使用頂いております。

医療連携のご案内

リウマチ性疾患や膠原病は、長期にわたり疾患コントロールを必要としますので、その間には種々の合併症が見られます。糖尿病、高血圧症、骨粗鬆症、心疾患、慢性肺疾患、消化器疾患、神経疾患、皮膚疾患、眼疾患、耳鼻咽喉科疾患など多彩です。このような合併症に対し、院内連携のみならず、近隣の各専門領域のクリニックとの病診連携を積極的に推進して参りたいと思います。このような診療ネットワークを形成して、患者さん一人一人を包括的かつ長期的にケアして参りたいと思います。

PAGETOP