小児科

診療内容

 川崎市立多摩病院小児科は、一次医療機関である「川崎市北部小児急病センター」及び三次医療機関である「聖マリアンナ医科大学病院」と緊密な連携をとりながら、川崎北部地域の小児救急医療を行っています。地域医療支援病院の小児科として、幅広い領域の疾患に対応しております。一般診療はもちろん、質の高い専門医療を行うために各種専門外来を設け、専門医が診療を担当しています。特に小児神経疾患・小児てんかんにおいては、複数の専門医が常勤であり、中核病院として神奈川県外からも多数の御紹介がございます。地域医療支援病院として役割を果たしつつ、高度な専門医療についての発信を行って参ります。

平成28年度診療実績

  平成28年度
救急外来取扱い件数 2,964
救急搬送台数 1,014
救急ウォークイン数 1,950
初診紹介患者数 1,121

医療連携のご案内

 小児神経筋疾患および小児てんかんについては積極的に当科へご紹介下さい。小児精神疾患(拒食症を含む)・腫瘍性疾患・内分泌疾患・病的新生児・周産期フォローアップには対応しておりません。関連病院であります聖マリアンナ医科大学病院や、他医療機関にご紹介いただきますようお願いいたします。小児外科外来は月曜午後に聖マリアンナ医科大学病院の医師が担当しています。
 時間内のご紹介であれば地域連携室、時間外・休日のご紹介であれば救急災害医療センターにご一報下さい。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ


 

リンク

こどもの救急


 

川崎市小児急病センター


 

川崎市休日急患診療所

PAGETOP