画像診断部

画像診断部について

当院の画像診断部は開院時よりフィルムレスで運用されています。フィルムレスとは検査の結果をフィルムに出力するのではなく、ディジタル化された画像データをサーバーに保管し、画像を見るときはモニターで参照する方法を指します。フィルムレスのメリットは毎日発生するフィルムの保管業務・保管場所・搬送の改善となり、見たい画像が共有できることが挙げられます。

次に地域医療にも力を入れており、近隣の医療機関からの検査依頼はCT検査、MR検査、消化器検査、超音波検査などがあり、これらの検査結果は速やかに依頼医療機関へ送り届けられています。

(1)単純撮影検査(3室)
人体にX線を照射して写真を撮る検査です。代表的な検査としては胸部のレントゲン写真と言った方が分かりやすいと思いますが、撮影箇所は必要に応じて全身が対象となります。撮影方法は全てディジタル処理で行われているため、撮影後の確認が早く済みます。

(2)乳房X線撮影(1室)
最近、日本人女性に乳がんが増えていると耳にすることが多くなりました。厚生労働省も乳がんのX線による検診を薦めています。当院においては乳房画像精度管理中央委員会の認定医師・技師がこれらの業務にあたっており、乳房撮影講習会なども積極的に行っています。撮影する装置もディジタルマンモ装置を使用しています。

(3)X線TV撮影(2室)
2台の装置はFPD(Flat Panel Detector)を使用したフルディジタル装置で消化管検査及び特殊検査を行っています。特殊検査とは非脈管系(血管以外)のIVR検査を初め、透視画像が必要な内視鏡検査、婦人科・泌尿器検査など幅広く行っています。

(4)CT検査(2室)
CTとは(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)の略称で、X線を利用して人体の主に輪切り(横断像)の画像を得る検査です。使用しているCT装置は最先端の4列・64列マルチスライスCTを使用しており、撮影時間が非常に短いため、今まで困難であった心臓の冠状動脈などの血管を撮影することが出来ます。

(5)MRI検査(2室)
MRIとは(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)の略称です。非常に強い磁石と電波を利用して、人体の様々な断面を撮像する検査です。多摩病院では現在2台のMRI装置(1.5テスラ)が稼働しており、様々な部位・疾患に対して必要な情報を提供しています。

(6)血管撮影(2室)

  1. IVR(Interventional Radiology)が治療法の一つとして認知され、多くの疾患の治療を血管撮影室で行っています。例えば細くなった血管を拡張する血管拡張術、肝臓の腫瘍血管を選択的に詰めて行う塞栓術、脳動脈瘤を外科的な手術ではなくコイルで詰める血管形成術等があげられます。また、検査室内にCT装置が併設されているので詳細な診断や治療効果の評価を移動することなく安全に行うことが出来ます。
     
  2. 循環器疾患(虚血性心疾患、心筋梗塞、不整脈など)に対しては心臓カテーテル検査およびカテーテル治療(PCI)、不整脈治療(アブレーション・ペースメーカー移殖術)が行われています。同時2方向撮影を行う装置と最先端の心臓解析装置、血管内超音波装置を完備し最先端の治療を行っています。

診療スタッフ

聖マリアンナ医科大学スタッフ紹介ページへ

PAGETOP