臨床における倫理指針

川崎市立多摩病院では、患者さんの尊厳と人権を尊重し、個々の患者さんにとって、もっとも望ましく適切な医療サービスを提供するように努めます。 そのために以下に示す倫理的事項に配慮します。

1. 患者さんの人権を尊重します。

(1) 説明義務(がん告知、知る権利に関するインフォームド・コンセントの徹底)
(2) 守秘義務(個人情報保護)
(3) 良好なパートナーシップの構築

2.  患者さんの自己決定権を尊重します。

(1) 治療方法の選択
(2) 医療参加(「患者さんの権利」)に関すること
(3) がん告知、人生の最終段階における医療・ケアなど生命の尊厳に関すること
(4) 信条と医療行為の妥当性に関する事項

3.  患者さんの利益を最優先としたうえで、医療の進歩に必要な研究を実施します。

(1) 説明義務(インフォームド・コンセントの取得)
(2) 守秘義務(個人情報保護)
(3) 人権の擁護(個人利益の優先)
(4) 倫理審査委員会での審議および承認が前提

平成20年12月1日
平成31年 4月1日改訂

PAGETOP