調剤

患者さんの状態や薬の相互作用の確認、処方箋にミニ薬歴を表示させて投与間隔や重複投与のチェックをしながら内用薬・外用薬の調剤を行っています。

ピッキングサポートシステム(PORIMS)を導入し、医薬品の取り間違い、調剤棚および自動錠剤分包機への充填間違いを防止しています。

 

医薬品名が類似しているものや、規格が複数あるもの、規格により適応症が異なるものなどには注意喚起の表示をしています。

 

散剤・水剤の調剤時は、鑑査システムを通して行っています。薬品の照合だけでなく、量り取った重さも鑑査システムに反映されます。

 

PAGETOP