基本方針・組織図

薬剤部について

薬剤部では、「適正で合理的な薬物治療を実践し安全な医療を提供する」ことを目標に、全病棟に薬剤師を配置して、薬の確認や薬の説明、薬の情報提供、薬物血中濃度の解析、調剤、抗がん剤の混合調製などの業務を行っています。また、多職種連携にも努め、ICT、AST(Antimicrobial Stewardship Team)、NST、緩和ケアにも積極的に参画し、更に、薬剤師が薬物治療の専門家として活躍するために、新人研修や抄読会、症例報告会、学会発表などを行い、常にスキルアップを図っています。
地域医療支援病院として、市民の皆さまが安心して医療が受けられるよう日々業務に取り組んでおります。薬について、ご不明な点は薬剤師におたずねください。
部長 坂下裕子

理念と方針

聖マリアンナ医科大学及び関連施設の薬剤師は、すべての行動を薬剤部理念に基づくものとし、理念の具体化に向け一丸となり邁進します。

薬剤部理念

患者のQOLを改善するという明確な成果を引き出す目的のために、責任のある薬物治療を提供します。(ファーマシューティカルケア)

ビジョン:私たちの目指す姿

世界標準のファーマシューティカルケアを実践します。

ミッション:私たちの使命

1.根拠に基づいた、適正で合理的な薬物治療を提供します。
2.副作用の収集・解析・究明につとめ、医療の発展に寄与し、より安全な医療を提供します。
3.患者の医療費負担の軽減と国民皆保険制度の後世にわたる継続を目指して、ジェネリック医薬品の使用を促進し、フォーミュラリーの作成を推進します。

多摩病院薬剤部目標

適正で合理的な薬物治療を実践し、安全な医療を提供する。

組織図

専門・認定保有者

日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 1名
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師 3名
日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士 4名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 5名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 8名

2018年3月現在

PAGETOP